納得の行く価格で古銭を売却したことについて

父は古銭を集めるのが大好きでボーナスが出ると直ぐに珍しい小判や穴銭などを買ってしまうので、私達家族はこのことを不満に感じていました。どうしてそんなに古銭が好きなのかよく分からなかったのですが、人の趣味はそれぞれなので仕方がないと家族は皆呆れながらも父に対して余計なことは言いませんでした。その父が先日亡くなってしまったので遺品を整理していたのですが、一番困ったことは父が大切に集めていた古銭で遺しておいた方が良いのか考え込んでしまいました。ただ母は古銭に関心がないのに持っていても仕方がないので売った方が良いと言ったので、母の言葉を尊重して買取業者に買い取ってもらうことにしました。私は古銭を買い取ってもらうにはお店に行かなければならないと思っていたのですが、電話をして聞いてみると買い取りに来てくれると言ってくれたのでこれはラッキーだと思いました。そして鑑定士の方がわざわざ家まで来てくれてしっかりと鑑定をしてくれたのですが、鑑定価格も満足の行くものだったので家族全員納得して売却しました。